【アルファ・キャピタル(低位株分析3/9)】少ない資金でも投資できる!初心者必見!低位株10選!大黒屋HD 前日比+40%超!

Kizugawa By: Kizugawa | Posted: 2021/03/10

SHARE:

少ない資金でも投資できる!初心者必見!低位株10選!



皆さんこんにちは!

投資を始めたばかりの方は手持ち資金が少ないですよね!そんな方のためにアルファ・キャピタルでは、値上がり・急騰した低位株を毎日10銘柄ほど分析して提供したいと思います!低位株というのは値動きも大きく、上手くいけばストップ高の銘柄に出会える可能性がある、夢のある銘柄でもあります!


今日であれば大黒屋HDが45%超、ワタベウエディングが25%超と急騰しています!割安で放置されていただけに、値動きもエキサイティングです!



しかし、これは特定の銘柄を買い推奨しているわけではありません!




投資はすべて自己責任となりますのでご注意ください!






急騰 低位株・ボロ株 銘柄速報 3/9(15:50時点)



コード
銘柄名
値動き
分析結果
6993
大黒屋ホールディングス
前日比+40%超え
8日の取引終了後、中国中信集団との合弁会社を解散し、単独で中古ブランド品事業を行う子会社を上海に設立することを発表した。アリババグループにおける越境ECで高級品販売電子商取引のプラットフォームである魅力恵の責任者である劉丹氏を経営陣として迎えることにより、中国における更なる事業基盤の拡大を目指すという。懸念点は、今期の業績予想を損益を従来予想の14.3億円の赤字→18.4億円の赤字に下方修正し、赤字幅が拡大する見込みとなっている。しかし、同社は下方修正に関して、影響は軽微と発表。
4696
ワタベウェディング
ストップ高
前日比+25%超え
寄り前に開示された3月25日開催予定の定時株主総会招集通知で、ZOZOの創業者である前澤友作氏の保有比割合が0.94%を占め第8位の株主となっていることが判明。これが好感された。
3825
リミックスポイント
前日比+15%超え
ビットコイン価格の上昇に応じて急騰。金融事業や電力事業への先行投資が終了。金融事業は、子会社のビットポイントが第3四半期に黒字化を達成し今後更に収益が見込まれる。電力事業は、電力卸売市場の高騰により3億円程度の追加原価負担が生じたが、今後回収可能。また、社長の小田氏が世界経済フォーラムより「ヤング・グローバル・リーダーズ アドバイザリーグループ」に任命された。
2438
アスカネット
一時ストップ高
前日比+15%超え
空中結像を可能にする樹脂製ASKA3Dプレートの新サイズを開発し、4月1日から販売を受付を開始すると発表した。10インチ相当の画面サイズまで空中結像が可能となり、多くの用途に活用されることが期待された。また、21年4月期第3四半期累計の営業利益は新型コロナウイルスの影響で前年同期比78.3%減の1.40億円で着地した。
5702
大紀アルミニウム工業所
前日比+10%超え
前日に業績・配当予想の上方修正を発表。21年3月期営業利益は従来予想の79.2億円から89.9億円、前期比16.5%増に増額修正、期末配当金も15円から18円に引き上げ、年間配当は28円で前期比3円の増配となる。半導体不足による自動車の減少が想定よりも限定的に留まった模様。第3四半期までは営業2ケタ減益決算であったため、ポジティブサプライズの形となった。
9479
インプレスホールディングス
前日比+10%超え
電子書籍やネット広告などデジタルコンテンツを展開するが、巣ごもり化で市場拡大が加速した電子コミックの配信事業で収益拡大の恩恵を享受している。21年3月期は2度の上方修正を行っており、直近修正時点で21年3月期営業利益は前期比5割増の6億5000万を予想。
8836
RISE
前日比+10%超え
材料無し。福島・郡山での宅地分譲は終了。不動産賃貸2物件のみだが、ビル管理会社を新規に取得。2月12日発表の第3四半期決算発表において、売上高 前年同期比+104.2%、営業利益 赤字幅縮小、経常利益 黒字転換。2月25、26日に記録した高値34を超えることができるかが鍵。
6721
ウインテスト
前日比+10%超え
材料無し。液晶、イメージセンサー向けケイン差装置が主軸。中国・武漢精測電子の傘下に。中国の政府系の資金が買いに介入した可能性がある。懸念点は出来高が少ないこと、半導体の流れにないこと。
3083
シーズメン
一時ストップ高
前日比+10%超え
材料無し。衣料品小売り。アメカジ店「METHOD」等全国展開。和柄の「流儀圧搾」が成長。出来高がまだそれなりにあるので期待はできる。10月26日に記録した高値666を超えることができるかが鍵。
5726
大阪チタニウムテクノロジーズ
前日比+10%超え
高品質の金属チタンで世界首位。日本製鉄・神鋼系。景気敏感株に資金が流入している。3月6日の日刊新聞で、神戸製鋼所は自社開発の表面処理チタン圧延材「Nano-Carbon composite coat」の量産化に成功したと発表。そして、トヨタ自動車の燃料電池車の新型「MIRAI」のセパレータに採用された。

「分析が知りたい!」「自分で投資の分析から実行までできるようになりたい!」といった方はぜひアルファ・キャピタルの投資家育成ゼミへ入会してみてください!投資のイロハが分かるようになりますよ!


Twitterhttps://twitter.com/alphacapital104

Facebookhttps://www.facebook.com/アルファ投資家道場-113334890318084/

YouTubeチャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UCVtHwa9jb1iybWKwaAkjIwg?guided_help_flow=5&fbclid=IwAR1RV_gicnVxP1dWCQYWjSuK5hIxzSdXz9gqJNTmeMEcnDjgUgFrIjXM40w

アルファキャピタルHPhttps://www.alpha-capital.co.jp/





ここから先の閲覧にはログインが必要です

ログイン・会員登録はこちら
SHARE:

最新の投稿


© アルファ・アドバイザーズ

利用規約   特定商取引法に基づく表示