【アルファ・マーケットレポート(2021/5/25)~毎日5分読むだけで完全理解!~】日本市場は閑散相場!イーロンマスクやレイダリオ発言でビットコイン上昇!そしてアメリカが日本への渡航中止勧告!

Kudo By: Kudo | Posted: 2021/05/26

SHARE:
5月25日 マーケットまとめ
*この記事は5分で読むことができます。毎日5分で投資について学びましょう!


【きょうのまとめ】

1.きょうの材料と値動き
2.セクター別値動き
3.アメリカが日本への渡航中止勧告!


【本日のマーケット概要】

 本日の東証一部の売買高は9億9296万株、売買代金は2兆2039億円でした。日本市場は続伸も、非常に値動きの小さい一日となりました。日経平均とTOPIXは今年に入ってから最小の値動きを記録しています。盛り上がりに欠ける相場展開となっていますが、本日も値動きと材料など見ていきましょう!




 本日も見て頂いてありがとうございます!アルファ・キャピタルはこれからも「あなたの資産を最大化する」をミッションに有益な投資情報とノウハウを提供していきます!

*アルファキャピタルでは「個人の資産を最大化する」をミッションに投資指導を行っております!YouTubeでも配信を行っており、「チャートの見方」「分析のやり方」「四季報の見方」「機関投資家の投資手法」などをテーマに皆さんの投資をサポートしています!

*個別指導では「素人だったけど投資についてかなり理解が深まった」「投資にますます興味が沸いきました!」「口座開設からサポート頂き大変感謝しております!」等の嬉しいお言葉を頂いています!元ゴールドマンサックスの入住代表をはじめ、信頼できる人に投資をサポートしてほしい!という要望を叶えます!申し込みはアルファキャピタルのHPからお願い致します!

*個別銘柄を推奨しているわけではありません!仮に投資で損失を被ることがあっても弊社は一切責任を追いかねます。投資は自己責任でお願い致します。


Twitterhttps://twitter.com/alphacapital104

Facebookhttps://www.facebook.com/アルファ投資家道場-113334890318084/

YouTubeチャンネルhttps://www.youtube.com/channel/UCVtHwa9jb1iybWKwaAkjIwg?guided_help_flow=5&fbclid=IwAR1RV_gicnVxP1dWCQYWjSuK5hIxzSdXz9gqJNTmeMEcnDjgUgFrIjXM40w

アルファキャピタルHPhttps://www.alpha-capital.co.jp/





【①きょうの値動きと材料】
前日の米国市場から振り返ってみましょう!


【NY市場】

前々日【5/21】

前日【5/24】

NYダウ

34,207.84ドル(+123.69

34,393.98ドル(+109.39

S&P500

4,155.86  -3.26

4,197.05+41.19

NASDAQ

13,470.99    -64.75

13,661.17 +190.18




昨日の米国市場は主要3指数そろって上昇!特にNASDAQの上昇が大幅に上昇していますね。NASDAQは高値圏でフラッグを形成しつつあり、上値を超えられればさらに上昇していく可能性があります。


「米国雇用計画」と呼ばれるバイデン政権の新たな経済政策において、当初の計画では総額2.5兆ドルをつぎ込むとされていましたが、共和党の反対を見越して1.7兆ドルまで減額することをホワイトハウスが明らかにしました。


これによって赤字国債の発行が抑えられたり、増税も減ることが予想されるため金利が大きく下落、NASDAQの高PER銘柄に買いが集まりました。




【日本市場】

前日

本日

日経平均

28,364.61円(+46.78

28,553.98円 (+189.37

TOPIX

1,913.04+8.35

1,919.52 +6.48

JASDAQ

3,856.54+1.58

3,874.18 +17.64

マザーズ

1,108.35(-20.31

1,133.48(+25.13




そして本日の日本市場は小幅に続伸となりましたが、昨日に引き続き商いが薄く、日経平均とTOPIXのザラ場の値幅は今年最少となっています。


日経平均は前日の米国市場の上昇で28500円を超えて寄り付きましたが、その後はほとんど値動きがなく後場に入るとさらに閑散としてそのまま大引けとなりました。マザーズ指数は反発して引けていますが、こちらも出来高が減少しています。


日経平均の週足チャートを見てみると、26週移動平均線をにタッチしていますがそこからの上値が重いといった印象です。ここで上抜けできないと本格的な下落転換が意識されそうです。





【②セクター別値動き
セクター別にみると、本日は19業種が上昇・14業種が下落となっています。


大きく上昇したのは証券商品先物その他製品鉄鋼非鉄金属などで、大きく下落したのは海運パルプ紙などとなりました。


証券商品先物が大きく上昇となっていますが、これはマネックスGやSBIなどのビットコイン関連の上昇が押し上げた形です。ビットコイン価格はイーロンマスクやレイダリオの発言によって再び上昇に転じていますね。


また、その他製品においては任天堂の上昇が目立っています。直近は買いの勢いが強く任天堂の株価は連騰しています。これはシンプルに緊急事態宣言の延長による巣ごもり需要によって業績拡大が期待されているためだと考えられます。


一方で海運・空運などが大きく下落となっています。このセクターは経済回復によって人やモノの動きが活発化することが基本的にプラスに働きますが、本日はそれ以上に原油価格の上昇がマイナスに働きました。原油価格は直近61ドルから66ドルの間で推移していますね。経済再開によって需要増が見込まれるため、上値を抜けてくるのも時間の問題といえそうです。





【③アメリカが日本への渡航中止勧告!】


米国の国務省がアメリカ全国民に対して、日本への渡航を中止するように勧告を出したとという報道がなされました!日本の新型コロナウイルス感染拡大が警戒されているようですね。


アメリカでは現在ワクチン接種が急速に進んでおり、実体として人々の動きも活発化してきています。アメリカ政府としては、このまま感染収束・経済再開に向かうことが第一優先であるため、日本への渡航を中止したいのは当たり前でしょう。


一方で米国のオリンピック委員会は、米国人選手が安全に参加できると確信しているとの声明を出しており、きちんと制限された上での開催であれば問題がないという姿勢を見せています。



オリンピックの開催有無が今後の日本の株式相場のポイントとなっていきそうです。今週に入り、日本ではワクチンの大規模接種が始まり、これから連日摂取回数が発表される予定です。政府は一日100万回の接種を目指すと発言しており、今後は感染者数と同様に摂取回数も注目される指標となってきそうです。


ワクチンの進捗に注目していきましょう!







ここから先の閲覧にはログインが必要です

ログイン・会員登録はこちら
SHARE:

最新の投稿


© アルファ・アドバイザーズ

利用規約   特定商取引法に基づく表示