【FX(外国為替証拠金取引)とは?① FXについて学ぼう!】

Toshi By: Toshi | Posted: 2021/06/18

SHARE:

FX(外国為替証拠金取引)とは?①


本日から新しくFX(外国為替証拠金取引)に関して取り上げたいと思います。

まずは2回にわたってFXに関して紹介したいと思います。


FXとは?


FXとは「Foreign Exchange」の略称で、日本語では「外国為替証拠金取引」と呼ばれています。


外国為替証拠金取引」といきなり言われても想像がつかないと思います。

外国為替取引」と「証拠金」に分けて説明致します。


・「外国為替取引

外国為替取引」は簡単に言うと、例えばアメリカの通貨である米ドル日本の通貨である円を交換する、つまり通貨と通貨を交換する取引のことを指します。

日本からアメリカへ旅行に行く際、アメリカでは日本の通貨である円を使用することができないため、米ドル両替します。

この行為を「外国為替取引」と言います。


・「証拠金

そして、FXは今例であげた「外国為替取引」と少し異なり、取引額の一部に相当する「証拠金」を預けるだけで、「外国為替」の取引を行うことができることが可能になります。

証拠金」とは、取引を行う際に相手方に預け入れる担保金のようなものです。


つまりFX(外国為替証拠金取引)は将来必ず決済することが約束された「差金決済」という決済方法を採用した取引のことを指します。


したがって、総取引額の現金の受け渡しは必要とされず、売買の受け渡しのみで取引が完結します。

具体例を紹介致します。


1ドル=100円と仮定して10,000ドルの取引をすることにします。

本来は100円×10,000ドル=100万円の資金がなければ10,000ドルを手に入れることはできません。


しかしFXの場合、差金決済を採用した取引のため、総取引額である100万円数パーセントの「証拠金」を預け入れるだけで、10,000ドルを手に入れることが可能になります。

そして、仮に損失が発生すれば、預けている「証拠金」から差し引かれます。

逆に利益が出た場合は預けている「証拠金」に加算されます。

証拠金」で取引が可能なFXは資金効率が良いため、レバレッジの効いた取引であることが表現されることがあります。


レバレッジとは少額で大きな金額の取引ができることを意味します。


今回はFXの基本的な部分に焦点を当てて説明致しました。

次回は取引時間為替差損益スワップ取引に言及します。







お知らせ

アルファ・キャピタルでは投資個別指導も行って徹底的に勝てるためのノウハウを教えていますので、ご興味のある方は無料相談ください!

今すぐ無料相談!ご連絡・ご質問はこちらから!

お問い合わせ: ask.alphacapital@gmail.com

アルファ・キャピタル公式Twitter: @alphacapital104






ここから先の閲覧にはログインが必要です

ログイン・会員登録はこちら
SHARE:

最新の投稿


© アルファ・アドバイザーズ

利用規約   特定商取引法に基づく表示