【機関投資家分析レポート】アクティビティスト解説!ソニーをケースにアクティビストファンドの提言をみる!

Yusuku Kuroiwa By: Yusuku Kuroiwa | Posted: 2021/05/10

SHARE:

〇ソニーの事例を元にアクティビストファンドの提言を見てみよう


2013年、著名アクティビストファンド(物言う株主)のサード・ポイント(1995年設立)はソニーにエンターテインメント事業の売却を迫りました。続いて2019年6月にサードポイントは再度ソニーに対して半導体部門のスピンオフ、上場子会社のソニーフィナンシャルホーディングスの売却等を要求しています。アクティビストファンドが企業に対してどのような要求をし、自身の利益獲得を目指すのか、2019年6月にサード・ポイントが出した「A Stronger Sony」のレポートを使って見ていきたいと思います。


▼ここから先は無料会員限定記事です

無料会員登録はこちらから!>無料会員登録


ここから先の閲覧にはログインが必要です

ログイン・会員登録はこちら
SHARE:

最新の投稿


© アルファ・アドバイザーズ

利用規約   特定商取引法に基づく表示