【日経平均先物・ドル円・原油分析】米国市場に続き日経先物も好調!ドル円はもみ合い!原油価格は引き続き好調!

Yusuku Kuroiwa By: Yusuku Kuroiwa | Posted: 2021/06/26

SHARE:

【マーケットレポート 6月25日(金)】


日経平均先物・ドル円・原油価格:米国市場に続き日経先物も好調!ドル円はもみ合い!原油価格は引き続き好調!


・日経先物、ドル円

日中の日経平均先物(6月限月)は前日比240円高の2万9040円で取引を終えました。前日の米国市場ではナスダックやS&P500 が高値を更新しており堅調に推移したことを受けて日経平均先物も寄り付きから上昇しました。バイデン大統領がインフラ投資計画で超党派上院議員との会談後、合意したという報道を受けてより一層景気回復期待が高まったことが米国市場が上昇した要因ですね。これにより、日経平均先物も、結果として終日堅調に推移しました。


手口面はソシエテジェネラルが1316枚、ドイツ証券が802枚買い越し、ABNアムロが1549枚、みずほ証券が528枚売り越していましたね!


ドル円は米長期金利が1.49%ー1.5%付近で推移していましたが、東京株式市場が好調であったことから円が買われていましたね。


国内市場は米国の市場の影響を大きく受けていることから、景気回復期待の高まりとともに米国市場が好調な動きを見せれば先物も上昇する可能性があります。また、ドル円は米長期金利の上昇があれば再びドル買いの動きがあるが、国内市場も好調であれば日中はドル安に振れる動きとなるかもしれませんね。


・原油価格

本日は73ドル付近で膠着状態でしたが、今後も世界経済の回復に伴い原油需要は拡大することから今後もまだ原油価格が上昇する余地はありそうですね!



ここから先の閲覧にはログインが必要です

ログイン・会員登録はこちら
SHARE:

最新の投稿


© アルファ・アドバイザーズ

利用規約   特定商取引法に基づく表示