【日経平均先物・ドル円・原油分析】先物堅調、ドル小幅買い→今週の米雇用統計に注目!原油価格高騰!エネルギー株も好調!

Yusuku Kuroiwa By: Yusuku Kuroiwa | Posted: 2021/06/03

SHARE:
【マーケットレポート 6月2日(水)】

日経平均先物・ドル円・原油価格:先物堅調、ドル小幅買い→今週の米雇用統計に注目!原油価格高騰!エネルギー株も好調!

【日経先物、ドル円】
日中の日経平均先物(6月限月)は前日比170円高の2万8,930円で取引を終えました。前日の米国市場が堅調に推移したこともあり、現物市場では寄り付きこそ売られたものの、売りが一巡すると買い戻され一時29000円を付けました。国内の新型コロナウィルスワクチンの接種が進んでいることも買い材料でしたね。

手口面では、ソシエテジェネラルが1917枚、クレディスイスが1707枚買い越し、ABNアムロが2571枚、バークレイズが1933枚売り越していました!

ドル円は、ダラス連銀製造業活動指数等の経済指数が予想を下回ったことにより前日にドルが109.3円まで下落していました。また、それにより米長期金利も下げ渋る状況となっています。しかしながら、上記日中の日本株高が好感され円売りが進み、結果として小幅なドル買いで推移していました。

ワクチン接種が進み国内市場も堅調に推移していますが、今週は米雇用統計が控えており先物もドル円も様子見ムードで上値が少し重たい感じがありますね。しかし、ワクチン接種加速に加え米雇用統計で良好な結果が出れば日本市場も日経平均先物買い、ドル高が進む可能性はあるかもしれません。

【原油価格】
世界的な景気回復観測により需要拡大となっており、逼迫した需給を意識した原油価格高騰が続いていますね!前日に大幅上昇し一時は売りが入ったものの、買い戻され68ドル台をキープしています。景気回復期待が膨らむ限り、しばらくこの堅調な動きは続くかもしれませんね。また、この原油価格高騰を受けて日米市場における原油、エネルギー株も買われていますね!

ここから先の閲覧にはログインが必要です

ログイン・会員登録はこちら
SHARE:

最新の投稿


© アルファ・アドバイザーズ

利用規約   特定商取引法に基づく表示